人見知りが人見知りのままでいいことを証明するブログ

元・場面緘黙症の人見知り人間が、心を奮い立たせて色々な人と関わっていく様子を綴っていきます

三会目:職場の同僚の送別会に参加。久々に心が折れる

最近、同期で同僚の女の子の送別会がありました。年齢も一つ違いということで、境遇的にはかなり似たところにいたのですが、いかんせん性格が全く合わず、つかず離れず適度な距離間でなんとなーくやってきたような仲。そんな中やってきた送別会。同僚のもう一人の女の子が取り仕切ってくれたこの会には、当然ながら私も参加することになりました。

当日は、車のこともあって直属の上司と一緒に会場入り。すでに半分ほどの人数が集まっており、出来上がっている人は出来上がっていました。職場の中でも比較的話しやすい子の近くが空いていたのでとりあえずキープ。大人数の飲み会には珍しく、どちらかというと喋る人が多い席についたおかげで、最後までコミュ障にありがちな一人でぽつーんタイムがなく、いい感じの時間を過ごすことができました。人見知りのままでいいとはいえ、こういう時の人見知りは本当に厄介。話をつなげてくれる人が周りにいると、本当にありがたい。

こういった飲み会の場が苦手な理由はたくさんありますが、一番は「声が通らないこと」にあります。私はかなりこもった声質で、頑張れば大声も出せるけれども、できれば出したくない。っていうか、出すの怖い。大声出すこと恐怖症。隣に座っている人と話すことすら困難なことが多々あります。少人数のしっぽり飲み会ではまずないことなので、これは本当に大変。よく下座に座って、てきぱきと注文とを取り仕切ることができる人よくいるけど、とても尊敬しちゃう。自分には絶対できません。

飲み会も終盤に差し掛かり、本日の主役にプレゼント贈呈。そして一言。この会を立ち上げた同僚の女の子と今回送り出される子は職場の中でもかなり仲が良く、たったの1年だったけど本当に良い1年を過ごせたとお互いに言っていて、感動してしまった。と同時に、双方と同じ部署でおなじ仕事をしていた仲間の一人としては嫌でも疎外感を感じてしまい、久々に辛かったのを覚えています。違う意味で泣きそうだった。性格には相性があるとはいえ、もう少し歩み寄っても良かったのかも、と。せっかく同じ日に入社して、出身大学も同じで、県外出身で。話せることはたくさんあった。でも、自分から話を振ったことなんて、これっぽっちもなかった。自分の悪いところだと思った。

今回のことで、「しょうがない」をどこまで許容していいのか、よくわからなくなってしまっています。人見知りのままでいい、喋るのは苦手でいい。そのままの自分で生きていくんだ。でも、それって思考停止じゃない?努力を怠ってない?チャンスをみすみす逃すことになってない?

あれ、でも今の私って、新しいコミュニティにも積極的に参加している。新しい関係を増やしていこうって意志がある。でも何かが違う。今ある関係性を、もっと頑張って太いものにしていこうっていう気概がない。これっていつか、自分首を絞めることになるんだろうか。それともそれを貫き通すことで、見えてくるものもあるのだろうか。

 

 

よくわかんないなあ。

 

私の大好きなしいたけ占いで、しいたけさんが言っていたことを思い出しました。今週は積み上げては壊し、積み上げては壊し、その繰り返しをするんだと。傷つくこともあるだろうけど、それでも大丈夫だと。試行錯誤の日々。

二言目:「人見知りだから」を理由にいろいろなものを諦めるのは勿体ない

物心ついた頃から、私は他人から見た自分の姿というものを酷く気にしていて、うまく表現できずにいた。その状況に名前がついたものが場面緘黙症というやつで、これは当時の私も私の両親も知らなくて、私が20歳になったころに初めて知った。慣れない場所、人、状況の中で喋れなくなり、酷いときは動くこともできなくなる。自分でもびっくりした。まさに不可抗力だった。当時3歳か4歳だった私には、本当に何もできなかった。

そんな過去もあって、私は今までずっと「嫌な人見知り」と共に生きてきた。おそらく、対人恐怖症もあるんだろうし、社会不安障害もあるのだと思う。その筋の医者にかかったことがないからわからないけど、きっとあてはめればあてはめただけ、状況には名前がつく。病気や症状って、結局そんなものだと思う。

辛い場面はたくさんあった。人見知りな自分は大嫌いだった。人見知りをするたび――人見知りをして他人に気を遣わせたりするたびに、落ち込んだ。理想の自分は、いつも人の輪の中でキラキラ輝いていて、自分みたいに人とどう接すればいいかわからない人を明るく救いあげて、みんなで幸せそうに笑ってる。そういう感じだった。

でも、今ならわかる。そんなの絶対無理だし、自分らしくもない。っていうか、人見知りするような人は、他人から救いあげてもらいたい人ばかりではないだろう。自分だって、人見知りの自分に気を遣う人の姿を見て落ち込んだくらいなのだから。そんな矛盾に全然気づいていなかった。本当に私みたいな人を救いたいなら、隣で静かに笑ってくれているだけでいい。スポットライトを当てるようなこと、してくれなくていい。したくもない。

25歳にもなると、精神的にもだんだんと図太くなってくる。実はもともと図太かったのかもしれないけど、もうどうにでもなれ!という感覚が徐々に出てきた。高校生の時は毎日あんなに死にたかったのに、人生とは不思議なもので。昔の自分にとって未来はずっと地獄のようなものだと思っていたのだけれど、今では未来は360℃バラ色、幸せで満ち溢れている。こうなると、今まで荷物だと思っていたものは、いい感じの味わいを出してくれる。私にとっての人見知りは、今やチャームポイントの一つになりつつある。「良い人見知り」人生の始まりである。

そんなわけで私は今までの20年以上、「人見知りだから」を理由に諦めてきたものがたくさんある。飲み会の誘いもできる限り断ってきたし、慣れない人との集まりには絶対に顔を出さなかった。新しく何か始めようと思っても、一人で完結できるものを選んだし、買い物をするときは店員さんが声をかけてこなさそうな店を選ぶようにしてた。面白そうな人との出会いがあっても、自分から食事に誘ったりしなかった。本当は、全部、したかったことだった。気にせず堂々としていたかった。チャンスがあれば、いつかやりたいと思っていたことだった。

人見知りのままでもいいんだと思うと、何でもやれる気がしている。幸いなことに私には、度胸も勇気も有り余る好奇心もある。人見知りというストッパーがなければ、行動力もある。実際、北海道から沖縄に移り住むぐらいのことはできたのだから。ちょっとくらい傷つくのは、もういいのだ。それ以上のものが手に入りそうな予感がしているから。

世の中には、自分と同じような境遇の人が案外たくさんいると思う。そういう人のささやかな希望になれるように、私は明日も挙動不審になりながらも颯爽と生きます。

二会目:社会人のバドミントンサークルに行ってみた

新しい人に会うには、新しいコミュニティに参加することは必須!ということで、地域の小学校で行われているバドミントンのサークルに参加してきました。私自身、こういう場はとにかく苦手で、友人にしつこく誘われてやっと重い腰を上げるタイプの人間だったので、一人で飛び込みするというのは精神的にとっても重荷。まあ、決めたからには後先考えず行って参りました。
ネットで情報収集し、とりあえず近場にある小学校でやっているらしきサークルに目をつけて、当日飛び込み参加。(事前に管理人と連絡を取ることが必須のサークルもあるようなので注意!)駐車場がどこなのかもよくわからないまま、適当に駐車して様子を見てみる。しばらくすると、サークルの人らしき影がぽつぽつと見え始めたので、車を出て体育館の様子をうかがう。この時の私は完全に不審者だった。まぁいいだろう最初だし。
開始時間がちょっと過ぎたところで、いざ体育館内に潜入。これが超緊張した。もう帰ろうかと思った。すごすごと中に入っていき、取り仕切っていそうな雰囲気を醸し出していた人(バドミントンの場合は、たいてい羽根の近くに座っている人)に挨拶。向こうも人見知りなのか、一応笑顔で返してくれたが、特にそれ以上の会話をすることなく終了。ふむ。どうしたものか。
近くに腰を下ろしてシューズを履きながら、そしてそれっぽく柔軟体操をしながら様子を見る。常連っぽい人たちは次々と羽根打ちしていく。いいなー、私も打ちたい。それからもぽつぽつと参加者が集まりだし、結局この日は自分を含めて10名いた。どうすればいいのか全くわからないので、不安げな表情でまわりをきょろきょろしていたら、さっきの管理人らしき人が相手をしてくれた。いい人!バドミントン自体は久しぶりだったので、体力はほとんどなく、スマッシュを打つころにはへとへとになっていた。でも楽しい。バドミントンは偉大だ。
その後は、10人で2コートということもあって、けっこうノンストップで試合をすることになったので、さほど気まずい思いはせずに済んだ。っていうか普通に楽しかった。バドミントンは偉大だ。(2回目)
実際にこういう場に一人で飛び込んでみて思ったけど、趣味系の集まりっていうのは、人見知りでも会話苦手でもコミュ障でもとりあえず何とかなる!気がする。目の前にやるべき作業が転がっているから。バドミントンの場合は、話題が見つからなくても試合さえできればそれでOK。まあ、試合に誘われてるのにことごとく断るとか、よっぽどマナーが悪いとか、そういうのは論外ですが。楽しんでバドミントンやれるってだけで、居場所が与えられる。初心者でも下手でも、頑張ろうとしていれば絶対に助けてくれる人はいるし、アドバイスもしてくれる。
まだたった一回の経験ですが、本当に行ってよかったと思います。汗を流すと、これでもか!ってくらい老廃物出た感じするしね。
 
次は料理教室狙ってます。笑

一言目:世の中は人見知りに優しくも厳しくもない

私が幼い頃から常々感じていること。人見知りは、社会にとってマイナスな存在であるという認識が多く出回っている。そのため、私は親から「ちゃんと目を見て挨拶しなさい」とか「大きな声で返事をしなさい」とか「もっと人当たりの良い人になりなさい」と口を酸っぱくして言われてきました。まあ、どれも当時の私にはとてもじゃないけど実行できないことだったのですが。

今も昔も、元気で明るくて常に人の輪の中でキラキラと輝いている人は、それはそれは人生を存分に謳歌しているのだろうという印象を受けます。そして、そういった人たちはその有り余る人脈とコミュニケーション能力を駆使して、自分のやりたいことを見事に叶えていきます。まるで、予めそのための道筋が用意されていたかのように。

「チャンスを握っているのは、いつも人である」とはよく言ったもので、たいてい成功の陰には人との出会いがあります。この人がいたから頑張ってこれた、この人に会えたから今の自分がある――よく聞く言葉です。だけど、真理です。

私は人見知りであり、程度はどうあれ対人恐怖症でもあると思います。慣れない人と会うのは億劫だし、できれば避けたいことだし、何よりとても怖いことであると思っています。人と会うということは、それだけその人からの影響を受けるということだし、同じように相手にも少なからず影響を与えてしまうことだと思います。私にとってそれは、とっても不安で怖いことなのです。

学生時代、授業の内容理解度が高いからと、グループディスカッションを主体とした授業を展開する教授が多くいました。なるほど、グループで話し合いを重ねると、色々な人の意見をもれなく吸収することができ、なおかつ自分の意見も反映させることができます。場合によっては個々人で考える以上のアイデアや発見が湧き出てくることだってある。これはとても面白いことだと思うのですが、私は人見知りで自意識過剰な人間なので、「自分の意見が変だと思われたらどうしよう」、「みんなの話の腰を折るような発言をしてしまったらどうしよう」となかなか活発に発言できずにいました。もちろん、黙り込んでいる間の精神状態というのはとてもいいものではありません。そして、どんどんと人と関わる機会というものから遠ざかるようになりました。

だけど最近は、この考えも変わりつつあります。ある意味、鈍感になったのかもしれません。少しだけ、精神的に図太くなったような気もします。この性格はどう頑張ったって変えられない、努力の範疇を超えていると理解してからは、ならしょーがないじゃないかと開き直れるようになってきたのだと思います。同じように、周りの人たちもどんどん大人になっていって、いろんな人がいることを受容できるようになっている気がします。私の性格を補助できるようなタイプの人は私をさりげなく助けてくれますし、私の性格を好ましく思っていない人は、良い距離感を保ってくれます。皆さん、ちゃんと大人なのです。いろんな人がいるということを、わかってくれるのです。

人見知りである自分のことが大嫌いだった過去の私は、人とうまく関わっていけない自分に居場所なんてないと思っていました。だから人の輪の中に飛び込んでいくことはできるだけ避けたし、本当に深く狭い世界の中で窮屈な思いをしながら生きてきました。

でも、人見知りのまま世の中に出ていくということは、結構面白いことであると最近は思います。喋れないなら喋れないでいい。堂々と人見知りしていればいいのです。気にしてくれる人は絶対にいるし、そんな姿を逆に気に入ってくれる人も世の中にはいます。自己主張の激しすぎる人よりも、ずっと関わりやすい。

チャンスというのは、自分ではない誰かが持っていることが多いです。そして、それを受け取るには、やはり関わっていくしかない。チャンスは面白いです。一度つかむと、それが数珠つなぎになっているかのように、どんどんどんどん広がっていきます。

人見知りであるのなら、まずはそれを認めること。そして、人見知りのままで生きていく覚悟を決めること。そうすれば、なんとなく、心がスッと楽になります。私はずいぶんと意地を張って、無意識のうちに自分とは真逆の人格を目指していた節がありました。それで随分と苦しみました。反省。

タイトルに戻ります。世の中は平等です。人見知りだからとマイナスな感情を持つ必要な全くありません。

一人目:大学時代のゼミの教授

『一人目』の時に私にメールをよこしたゼミの教授が、ぜひ今度仕事の話を聞かせてくれ、というので、こういうのは早めに済ませた方がいいと思い、早速会ってきた。

お店は教授にお任せ、指定されたのは那覇市にあるおしゃれなイタリアンレストランだった。中庭が自慢のそのお店は、ウェディングにも使われるだけあって雰囲気が良く清潔感もあっていい感じ。日曜日ということもあってか、子供連れが多め。ビュッフェ形式で、とりあえず普段あまり食べることのない野菜を大量に盛る。ワイン飲み放題もついていたようだが、車で来たので断念。教授は普通に飲んでいた。

最初こそ久々の対面で緊張していたのだけど、教授はそんなに気を遣うような人ではないので(もちろんいい意味で)、すぐにリラックスして食事を楽しめた。また、聞き手に回りがちな私にとっては都合よく、教授はとてもお喋りな方なので、そこまで心配せずに今日の日を迎えることができた。

案の定、教授は一方的にべらべらと話しはじめたので、私はひたすらうんうんと聞いていた。私の今の職場は高卒者が中心の中小企業なため、大学教授が話すような知的な?学術的な?話はなかなか日常の中で聞く機会がないので、とても楽しめた。仕事に生かせそうな話もちらほらあったので、存分に取り入れていこうと思う。

私の職場の社長もそうなのだけど、あんなにずっと喋っていられる人は頭の中、というか心の中はどうなっているのだろう?ひたすら思いついたことを言葉にしているのだろうか。その言葉の源泉はどこにあるのだろうか。ストッパーはないのだろうか。私の場合はストッパーがありすぎる上に、それを超えても次の高い壁が立ちはだかっていて、なかなか言葉が出てこないので、本当に気になる。私にはない、すごい才能だ。

だから私はこのストッパーを誰もが認める才能にしてみせる。自己否定の道具ではなく、最大の武器にする。

一会目:大学院生の調査協力

久々にメールチェックをしていたら、大学時代のゼミの教授からメールが一通入っていた。早速確認してみると、別の学科の大学院生が研究のために調査をしたいんだけれども、調査対象となる人が全然見つからない!助けて!協力してあげて!という内容だった。

それで問題となっている調査対象者っていうのが、「県外出身かつ現在県内で観光業界に従事している人」ということで、まぁ確かに簡単には見つからなさそう。3000円のクオカードもらえるっていうし、せっかくなので協力することにした。

(数年前の自分だったら、調査の合間に調査員の人と軽い世間話とかしなきゃいけないだろうし、もし同時に調査協力する人がいたら必然的にお話もするだろうし、とか考えて嫌になってたと思う。っていうか、今回も勢いでOKしなければ行けてなかったと思う)

集合時間ぴったりに指定の場所に行ってみると、プラカードを提げた人が2人立っていた。話しかけてみると、深々と調査協力のお礼をされて、軽く自己紹介された。ここは笑顔で対応。「今回はあと2人協力してくれる方がいるので、もう少しお待ちください」とのこと。

早速、間を持たせなくてはいけなくなった。汗

ちょっと嫌な汗をかきそうになりながらも、大学のことやゼミのことを聞いてみたり、相手も私の学生時代のことを軽く聞いてきたりしてるうちに、2人がやってきた。途中、やっぱり変な間ができたりしたけど、気にしない気にしない。私の時と同様に、自己紹介と簡単な趣旨を説明した後、本格的に調査内容の説明を受けることになった。

一通り説明を受けたあと、調査場所に移動。この時、説明をしていた大学院生、少し緊張していた様子で、それを見てなんだか安心した。人と関わるのが苦手な人は、関わるのが苦手なことを前面に出した方がいいと思う。そしたら、周りは助けたくなるから。少なくとも私はそう。まあ、自分も関わっていくのが苦手だから、そんな大したことはできないのだけど。

5分ほど歩いたのだが、その間は調査協力者同士で少し話した。やっぱり、出身大学が同じなのでその話題。会話はいかに共通の話題を提供できるか!?だということを実感。県外出身だし、お互いに出身地を離したりして到着。

私としては、本当は他の二人がどういう仕事をしているのかとか、調査員の二人は将来どんな仕事に就きたいと思ってるのかとか聞きたかったのだけど、勇気がなかった。そんなこと初めて会った分際で聞いていいのかな?!とか思ってしまう。うーん、こういうの、変に気を遣ったりしないでさらっと聞ける人になりたい。

1時間と少しして、無事調査は終了。人様の役に立てて良かった。

 

私は人と関わるのは苦手なくせに、人にはすっごく興味がある。その人の人生とか、これから何をしたいかっていうことがすごくすごく気になる人間。その手の能力があるならば、インタビュアーになりたいくらい。いつか相手も気付いていないような相手のことを聞き出せる人になりたい、っていうのが最近の抱負です。

それを目指して、今はひたすらたくさんの人に会っていこうと思う。